ひな祭り

女の子の節句であるひな祭りのお祝いにパーティーをして盛り上がる家庭やママ友たちが今とっても多いですよね。その中でも特にみんなで集まってそれぞれに好きな料理を持ち寄る、持ち寄りパーティーが流行っています。

最近仲良くなったママ友にお呼ばれしたとき、どんなものを持っていけばいいのか初めてパーティーに招かれた人は悩んでしまいますよね。親族で集まる会食でも同じです。何か一品というときどんなものを持って行ったらいいか困りものです。ということでみんなに喜ばれるおすすめの持ち寄りメニューをご紹介していきたいと思います。

ひな祭りの定番メニューとは?

昔からひな祭りに食べられている定番のメニューとはどんなものがあるでしょうか?調べてみました。

ちらし寿司


まずひな祭りと言って真っ先に思いつく食べ物と言えば『ちらし寿司』ですよね。お寿司なら他にも『巻きずし』や『握りずし』などひな祭りパーティーにはお寿司が定番のご飯ものとして用意されることが多いです。ひな祭りに食べるちらし寿司にはおせちのように入れる食材にそれぞれ意味があり、海老であれば長寿、レンコンには先の見通せる人生をという願いが込められています。

ひな祭りケーキ

次には『ひな祭りケーキ』ですね。ケーキがあるとパーティーらしさが出ますし、ひな祭りのデコレーションがしてあるとパティーの雰囲気を一層盛り上げてくれます。

雛あられ

『雛あられ』や『菱餅のお菓子』はひな祭りならではの食べ物です。雛あられがひな祭りで食べられるようになったのは『ひなの国見せ』と呼ばれる昔の行事の名残なのだとか。感慨深いですね。

その他の定番

他にはちらし寿司のお供として『ハマグリのお吸い物』なんかも定番の食べ物になります。夫婦円満を願った縁起物の料理です。食べ物ではありませんがひな祭りに飲まれる『白酒』にも邪気払いなどの意味があり、節句のお祝いならではの飲み物です。

ひな祭りパーティーに持ち寄りたいメニュー

ひな祭りパーティーや会食にどんなメニューを持っていけばよいのでしょうか?パーティーの定番メニューからひな祭りパーティーならではのメニューまでご紹介したいと思います。

唐揚げ

唐揚げやキチンフライはパーティーメニューの定番で、誰からも好まれるメニューです。簡単に作れて外さないメニューですよね。ちょっとひと手間をかけて甘酢餡とタルタルソースをかければチキン南蛮風にもなります。

ポテトサラダ

唐揚げと並んでパーティーメニューの定番なのがポテトサラダです。ポテトサラダはみんな大好きですよね。1個ずつカップに盛ってハムなどでデコレーションしてあげると食べやすく見た目もかわいく仕上がります。

ピンチョス

ピンチョスとはスティックや爪楊枝で刺した一口サイズの料理のことです。普段はお酒のおつまみとして作られることが多いですが、ひな祭りらしいカラフルな色合いや子供でも食べられる食材を使えばおしゃれでみんなに喜ばれるメニューになります。

ハムにチーズ、キュウリを重ねてクッキーの型で抜き、スティックを刺すだけでも簡単におしゃれなひな祭りのピンチョスが作れるんですよ。

手まり寿司

ホストに相談をして、ご飯ものを用意していないようであれば手まり寿司が喜ばれます。一人ずつ持って食べられるのがポイントで子供たちも食べやすくて、見た目もかわいいのでとても人気がありますよね。ラップに包んで作るので持ち運びも楽々です。

作り方もとても簡単で酢飯にお刺身をのせてラップに包んで丸めるだけでなので忙しいママにおすすめです。

持ち寄りメニューとは別に持っていくと喜ばれるお土産とは?


お土産には特にスイーツが好まれるようです。持ち寄りメニュー以外にお土産を用意する際には、ママ友同士のパーティーであれば誘われたママ友どうしで話し合って決めるほうがいいようです。一人だけ持っていってひんしゅくを買わないように気を付けてくださいね。

いちご大福

さっぱりと頂けるいちご大福はお土産の品としてとても喜ばれるようです。地元で有名ないちご大福の美味しい有名店って必ずありますよね。そんなお店のいちご大福を持参すると食事の後のデザートとして喜ばれます。

カップケーキ

デコレーションされたカップケーキは最近人気があるようです。ひな祭りパーティーは見た目が華やかなものが好まれるのでデコレーションカップケーキはみんなに喜ばれること間違いなしです。

和菓子

甘いものが苦手な人でも和菓子の甘さなら大丈夫という人も少なくないですよね。ひな祭り仕様に模られた和菓子は目で見て楽しめて、インスタ映えもするのではないでしょうか。和菓子だと人と被らないスイーツとして選ばれるようです。

持ち寄りパーティーに持って行かない方がいい食べ物とは?


何でもいいからと誘われても、こうした食べ物は持って行かない方が無難という食べ物です。

温かい食べ物

冷めると食べにくい食べ物、例えば『ピザ』とか『ポテトフライ』とかですね。これらは持って行ってすぐの、パーティーの序盤ではいいですが、その後は冷たくなって誰も手を付けずにそのままになってしまうこともあります。

取り分けの難しい食べ物

私も失敗したのが簡単に分けることができない料理です。そのときはグラタンを持って行ったのですが、こうしたお皿の中でいっぺんに調理してあって取り分けるのが大変な料理はなかなか手を付けらません。せっかく作ったのに食べてもらえないのは悲しいですよね。

まとめ

持ち寄りパーティーではなるべく個別にされていて持って食べられたリ、気軽につまんで食べられる食べ物が好まれているようです。今回はひな祭りパーティーということで、ひな祭りの色でもある『ピンク』『白』『緑』やカラフルな色を取り入れて作ることも心掛けるとみんなに喜んでもらえる食べ物になるのではないでしょうか。

みんなで集まって楽しむパーティーだからこそ美味しい料理やちょっと気の利いた食べ物を用意できるといいですね。子供たちも楽しめること間違いなしで、ママ友からの評判も上がりますよ!ぜひこれらを参考にみんなに喜ばれる一品メニューをパーティーへ持ち寄ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です