チョコレート

ニキビと食生活

ニキビは毎日食事をするときの食材が原因でできることが多々あります。ニキビを予防したいなら、肌を清潔に保つと共に食生活を見直すことも忘れてはいけません。

思春期ニキビと大人のニキビ

よく思春期の頃はニキビというけれど、大人になったらニキビではなく吹き出物だよ、などという話を聞きますよね。若い頃は過度な皮脂や新陳代謝によって毛穴に詰まることでニキビができやすくなります。これは直接食事とも結びついているので食生活を見直すことで改善が見られる場合もあります。

大人のニキビは皮脂が角栓にフタをされた状態になり内部に溜まることで起こります。内部に溜まった皮脂に菌がつき徐々に炎症を起こしていくことでニキビは悪化していきます。

角栓とは?

では角栓とはどんなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

皮膚には毛穴があり、毛穴には皮脂腺があってそこから皮脂が分泌されています。また、肌は常にターンオーバー(皮膚細胞である角質の入れ替わり)を行っているので自然と剥がれ落ちて新しい皮膚へと生まれ変わっているのですが、この入れ替わりの滞りと過剰な皮脂の分泌によって剥がれ落ちた角質が塊となって毛穴を塞ぐのが角栓です。

体調不良や保湿不足などにより肌が荒れることによってターンオーバーが上手くできなくなり、角栓ができてしまうのですが、角栓ができる理由にはもう一つあります。剥がれ落ちた角質が毛穴の外に出られなくなるのは毛穴が収縮してしまうためです。ではなぜ毛穴の収縮が起こるかというと、ホルモンのバランスが崩れるためです。

女性にも男性ホルモンがあり、通常は女性ホルモンとバランスよく分泌されているのですが、疲れてきたりストレスを感じてくるとホルモンのバランスが乱れて男性ホルモンが多く分泌されるようになります。男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、肌のバリア機能が弱くなり、毛穴は固く収縮してしまいます。

ニキビの原因

ということで大人ニキビができる原因は、過剰な皮脂分泌・肌荒れ(体調不良、保湿不足)・ホルモンバランスの乱れということがわかると思います。思春期のニキビは特に、皮脂の分泌が一番の原因でもありますので、皮脂過多のなる原因となる食事をしていないか自分の食しているものを一度見直してみるといいでしょう。

ニキビの種類

ニキビができる段階によって種類が変わってきます。
まず、ニキビのでき始めは白ニキビと呼ばれ徐々に角栓によって塞がれた内部に皮脂が溜まっていきている状態にあります。

次の段階として毛穴の内部に溜まった皮脂が毛孔を押し上げて毛穴から顔を覗かせます。この部分が酸化して黒い吹き出物となり、これが黒ニキビです。

ニキビ予防には

ニキビ予防で個人的にできることといえば、ストレスを溜めない生活や規則正しい生活、肌を清潔に保つことや保湿をしっかりとすること、そして食生活の見直しです。

口から入った食材は胃や腸で分解・吸収され、やがてそれぞれの成分となり血液中を流れて全身へと運ばれます。このとき、血液中に身体の害となるものが流れているとニキビの原因となることがあります。

ニキビになりやすい食材

ニキビを作りたくなかったらニキビになりやすい食材を避ける食事を心掛けるのも大切です。どんな食材がニキビになりやすいのか見ていきましょう。

チョコレート

皮脂の分泌を増やす原因となるのが糖質です。その糖質が多く含まれている代表がチョコレートで、チョコレートには多くの砂糖が使われていて脂質の量も多いです。脂質を多く取ってしまうと血中の脂質濃度が高まり皮脂腺から皮脂となって大量に分泌されることになります。

ナッツ類

ナッツ類は脂質が多く含まれています。栄養価の高い食材ですが、食べ過ぎてしまうとニキビの元になってしまいます。

スナック菓子

スナック菓子にも多くの脂質が含まれています。添加物も多く含まれていますし、甘いお菓子には糖質も大量に含まれていますからニキビ予防をしたのであれば控えた方がいいです。

辛い物

辛い物を食べると新陳代謝がある一方、取り過ぎると胃や腸を悪くしてしまい分解・吸収が上手くできなくなってしまうのでニキビになりやすくなります。

レトルト食品

レトルト食品には多くの脂質が使われていたり、添加物が含まれていたりします。脂質は直接血中脂質を上げる原因になりますし、添加物によって善玉菌が減り腸の働きが悪くなってそれがニキビの原因になることもあります。

ケーキ

ケーキには糖質と脂質が多く含まれています。脂質の分泌が増え、血中の脂質量も増えるということなのでケーキの食べ過ぎはニキビをできやすくします。

コーヒー

コーヒーは美肌に不可欠のビタミンB群の吸収を妨げる働きをするのであまり多く摂取するのはニキビ予防にはよくありません。

お酒

アルコールは糖質であり、血流を促進させて皮脂腺を刺激することもあるので飲みすぎには注意しましょう。

まとめ

手軽にできるニキビ予防として、毎日の食事を見直してみましょう。自分が何を食べているのか、意外と意識しないとわからないものです。ダイエット法でレコーディングダイエットというものがありますが、これと同じようにニキビ予防のためにも食べているものを書き出してみて自分の取っている食事に注目してみることで糖質や脂質を抑えることができるかもしれません。食事はきれいな肌を作る第一歩です。お手入れしているのにニキビができてしまうという人は一度自分の食生活を見直してみてください。

関連記事
>医薬部外品「薬用VCボディミスト」で背中ニキビにさよならしよう!
>出遅れた人は今からでも大丈夫な簡単スムージを作ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です