手芸

カットソーのリメイク

前回は着なくなったカットソーに刺繍を刺してリメイクをしましたが、今回は新しく購入したカットソーの丈が短くて何だか着づらいと思っていたので、丈を足してみようと思います。

切りっぱなしでもOK

カットソーのようなニット生地は切りっぱなしにしてもほつれにくいので、ハサミで切るだけで簡単にリメイクができます。襟周りや袖、裾を好きなサイズやデザインに切ってそのままにしてもgoodですし、結んでアレンジをしてもすてきです。今回使ったカットソーの生地は厚手なのであまりいじっていませんが、Tシャツのような薄手の生地は伸びがよくねじったり結んだりが簡単にできるのでリメイクに持って来いの素材です。

短いなら足せばいい!

最近ネットショッピングで洋服を買うようになってから、便利な反面、丈が短かったり袖が細すぎたりとサイズが思ったものと違ったりすることが多々あります。サイズが足りないときには足せばいいのです。好みの生地を購入してきて縫い付けてもいいですし、既製の洋服の裾部分をカットして縫い付けると手軽にサイズをプラスすることができるのでおすすめです。

袖が詰まっている

私は袖が詰まっている洋服がどうも苦手で、今までは何となく捨てられずにタンスの肥やしになっていましたが、このリメイク方法を知ってからは思い切ってざっくりカットして着ています。切りっぱなしの方が詰まった袖よりもおしゃれに見えるので、なぜ早く気付かなかったのかと思うくらいです。着やすさもアップするので今まで眠っていた洋服も活躍の機会が増えました。

丈の短いカットソーのリメイク

生地の良さやデザインの良さで購入したカットソーでしたが、いざ自分で着てみると丈が微妙に短いし、肩の部分の落ちとそこにデザイン的に付けられた袖とが自分には似合わなくて、2~3度着た後はタンスに仕舞いっぱなしになっていました。今回はこのカットソーを着やすいように、らくちんな形にリメイクします。ちょっとそこまでのお出かけならこんなリメイクで十分に着ていけるのではないでしょうか。

材料

・カットソー
・着なくなったTシャツ
・ハサミ
・縫い針
・糸

作り方

1.まず着なくなったTシャツの裾の部分を切り取ります。

2.カットソーの裾の部分に切り取ったTシャツの生地を縫い付けます。私の持っていたTシャツはカットソーの裾のサイズよりも少し小さかったので袖の部分も切り取って縫い付けました。

3.袖のデザインもあまり気に入らなかったので取ってしまうことにしました。

4.出来上がりです。丈が長くなったので着やすくなりましたよ。裾をもっと長くしてチュニックのようにしてみてもいいですね!

コツ・ポイント

カットソーにTシャツなどの別の服を切り取った生地を縫い付けるときにはカットソーの裾の縫い目の上を縫いながら縫い合わせるようにすると仕上がりがきれいになります。Tシャツの代わりに着なくなったブラウスの裾を縫い付けてもおしゃれなリメイクになります。

手縫いが面倒という人はミシンで一気に仕上げてしまってもOKです。ただし、カットソー素材は伸びやすのでニット用の針を使ったり、テフロン加工の押さえに変えたりして引っ張らないように気を付けてミシンがけしましょう。どうしても上手くいかない場合はニットに貼るだけで伸びを抑えてくれるテープを使ったり、トレッシングペーパーに挟んで縫うのもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です