子供の絵本

子供への絵本の読み聞かせは目が見えない0歳のころからでも始めると良いと言われています。赤ちゃんは生まれる前からお母さんのお腹の中で周りの声を聞きながら成長していきます。”ことば”に関する学習はお腹の中にいるときから始まっているのです。そんな我が子に産まれて来てから読んであげたい絵本を15冊紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

0歳におすすめの絵本

0歳のころは当然目も見えませんし、言葉を理解しているわけでもありませんがきれいな絵や色を見ることが赤ちゃんへの刺激となります。長いお話を読み聞かせるのもいいですが、リズムのある言葉の繰り返しが多く出てくる絵本がおすすめです。

赤ちゃん絵本セット

出典:https://www.amazon.co.jp/

赤ちゃん絵本セット
いきもの・せいかつ・のりもの・しぜんの4冊セット
作者:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室
¥1,944~

手のひらサイズで持ち運びにも便利なミニサイズの絵本です。いきもの、のりもの、しぜん、せいかつの4冊がセットになっていて物の名前と絵とが2ページに分けて書かれています。

 Amazonで買う

いないいないばあ

出典:https://www.amazon.co.jp/

いないいないばあ
松谷みよ子 あかちゃんの本
作者:松谷 みよ子
出版社:童心社
¥756~

日本初の本格的な赤ちゃん用の絵本として長く愛されているいないいないばあは、親しみやすい絵に合わせて動物たちがいないいないばあをしてくれます。

 Amazonで買う

がたん ごとん がたん ごとん


出典:https://www.amazon.co.jp/

がたん ごとん がたん ごとん
作者:安西 水丸
出版社:福音館書店
¥864~

汽車がいろいろなものを乗せてがたんごとん、がたんごとんと走ります。「のせてくださーい」という言葉や「がたん ごとん がたん ごとん」という繰り返しの言葉が何度も出てきて、言葉のリズムが楽しい絵本です。

 Amazonで買う

ブルーナの0歳からの本


出典:https://www.amazon.co.jp/

ブルーナの0歳からの本
第2集(ブルーナブック)
作者:D・ブルーナ
出版社:講談社
¥648~

食べ物とおもちゃの絵が書いてあるだけですが、文字がない分読み手が自由な発想で読んであげられる絵本です。鮮やかな絵が魅力的な絵本で、舐めても平気です。

 Amazonで買う

1・2歳におすすめの絵本


1歳になるとさまざまなものに興味を示すようになり、早い子だと2歳ごろにはしゃべれるようになりますから文字が多く載った絵本を読んであげると良いでしょう。2歳になれば言葉もある程度理解し始めるのでになるとあいさつや歯磨きなどの生活するうえで必要なことが絵本になったものもおすすめです。

ノンタンシリーズ

出典:https://www.amazon.co.jp/

ノンタンシリーズ
ぶらんこ のせて
作者:キヨノサチコ
出版社:偕成社
¥864~

子供目線のお話で社会やルールを学べる絵本です。ノンタンのわがままだけど優しいキャラクターが愛らしく絵もかわいいので、私の中では子供に読んであげたくなる絵本ナンバーワンです。ノンタンは昔からあったので長く愛されているキャラクターだと思います。0歳から楽しむのであれば、文字が少なくてサイズが大きな赤ちゃん版もあります。

 Amazonで買う

なにいろ?(くもんのはじめてのえほん)


出典:https://www.amazon.co.jp/

なにいろ?
(くもんのはじめてのえほん)
作者:本信 公久
出版社:くもん出版
¥540~

色と物の名前が同時に学習できる絵本です。始めのうちは物の名前を読み上げながら色を言うということを繰り返して聞かせるだけでしたが、徐々に言葉を話すようになると「あか」や「きいろ」などと話すようになり、日が経つと物の色と名前を結び付けて分かるようになりました。

 Amazonで買う

だるまさんが


出典:https://www.amazon.co.jp/

だるまさんが
だるまさんシリーズ第1弾
作者:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社
¥918~

だるまさんシリーズは全部で3作品あります。どれもだるまさんがころんだのだるまさんがユーモラスに描かれています。簡単な言葉しか載っていませんが子供には好評です。親も楽しみながら読み聞かせできる1冊です。

 Amazonで買う

おつきさまこんばんは


出典:https://www.amazon.co.jp/

おつきさまこんばんは
くつくつあるけのほん4
作者:林 明子
出版社:福音館書店
¥864~

おつきさまと雲おお話しです。夜の美しい色彩と大きなおつきさまが子供の心を掴みます。こんばんはのあいさつに合わせて子供もあいさつをするようになりました。ゆったりとした雰囲気で適度にお話が短いので読み聞かせしやすい絵本です。

 Amazonで買う

3歳からの絵本


3歳になると会話ができるようになってくるので、物語性の強い絵本がおすすめです。物語をたくさん聞くと、心が豊かになり感受性の豊かな子供に育ってくれることでしょう。数への興味も湧いてくるので数が出てくる絵本もおすすめです。

はらぺこあおむし


出典:https://www.amazon.co.jp/

はらぺこあおむし
作者:エリック=カール(作), もり ひさし(翻訳)
出版社:偕成社(菊倍横版)
¥1,296~

はらぺこのあおむしがいろいろなものを食べて成長していくお話しです。色がとてもきれいな絵本なのでもっと小さなころから見せてもいいとは思いますが、仕掛け絵本になっていて破いてしまわないか少し気がかりなので3歳からとしました。0歳から見せたいときにはボードブックを選ぶと良いでしょう。

 Amazonで買う

100かいだてのいえ


出典:https://www.amazon.co.jp/

100かいだてのいえ
作者:岩井 俊雄
出版社:偕成社
¥1,296~

手紙が送られてきたトチくんが地図を頼りにやって来た場所には100かいだてのいえがあり…絵本を読み進めながら数字の学習ができる絵本です。縦長の形や、ページをめくると階が上がっていくというユニークな作りの絵本になっています。

 Amazonで買う

ぐりとぐら


出典:https://www.amazon.co.jp/

ぐりとぐら
ぐりとぐらの絵本
(こどものとも傑作集)
作者:なかがわ りえこ(作), おおむら ゆりこ(イラスト)
出版社:福音館書店
¥972~

双子の野ネズミ、ぐりとぐらのお話です。程よいお話の量に動物たちの絵が愛らしい1冊です。ぐりとぐらはシリーズが多くあるので子供が気に入れば、いろいろと揃えてあげたいですね。

 Amazonで買う

14ひきのあさごはん


出典:https://www.amazon.co.jp/

14ひきのあさごはん
14ひきのシリーズ
作者:いわむら かずお
出版社:童心社
¥1,296~

ねずみの家族の何気ない日常を切り取ったお話です。朝目覚めて1日をスタートさせるのは実はとても大切なことだと気付かせてくれる1冊です。優しいタッチの絵がほっこりとした気持ちにさせてくれます。

 Amazonで買う

筆者おすすめの絵本


筆者が子供に読ませたい絵本や、読み聞かせをして特に子供が喜んでいる絵本です。自分自身が子供の頃に読んで楽しかった絵本はやはり子供にも読んで聞かせたいですね。

おおきなかぶ


出典:https://www.amazon.co.jp/

おおきなかぶ
作者:A.トルストイ(作), 佐藤 忠良(イラスト), 内田 莉莎子(翻訳)
出版社:福音館書店
¥972~

自分も小さい頃に何度となく聞いたお話です。「うんとこしょ、どっこいしょ」と繰り返される言葉のリズムが何とも楽しい1冊です。もとはロシアの民話なのだそうですよ。

 Amazonで買う

しょうぼうじどうしゃ じぷた


出典:https://www.amazon.co.jp/

しょうぼうじどうしゃ じぷた
作者:渡辺 茂男(作), 山本 忠敬(イラスト)
出版社:福音館書店
¥972~

子供がしょうぼうじどうしゃが好きなので読んであげたい1冊です。内容はかなり物語性の強い絵本になっています。古い絵本ですがジンとするいい作品です。

 Amazonで買う

アンパンマンのサンタクロース


出典:https://www.amazon.co.jp/

アンパンマンのサンタクロース
作者:やなせ たかし
出版社:フレーベル館
¥918~

テレビで見るアンパンマンとは違い、優しいタッチで描かれた絵本です。内容もほっこりとするものになっていて、バイキンマンと戦うアンパンマンという雰囲気とはまた違った作品です。

 Amazonで買う

おわりに

親が働いている場合には親子で過ごす時間には限りがあるので、なるべく時間があるときには子供に集中してあげようと考えるのですが、何をしてあげたらいいのだろうと思うことも多々あります。そんなときに絵本の読み聞かせなら自分でも無理なく子供と関われそうだと気付き、多くの絵本を手にしました。

子供も絵本を読んでもらう時間は嬉しいようで自分から絵本を持ってやってきたりもします。もっともっと子供にたくさんの絵本を読み聞かせしてあげて一緒に過ごす時間を大切にしたいです。