クリスマスのフラッグ・ガーランド

クリスマスパーティーを彩る

家族や友人同士、ママ友や女子会などでクリスマスパーティーをするときにクリスマスのムードをアップさせてくれるオーナメントがあるとパーティーがいっそう盛り上がるのではないでしょうか。今回はクリスマスパーティーを彩るオーナメントである、「クリスマスツリー」「クリスマスリース」「クリスマスフラッグ」についての提案や紹介になります。楽しいクリスマスパーティーの参考になれば幸いです。

クリスマスツリー

クリスマスといえばやはりクリスマスツリーですよね。ツリーを飾り付けてパーティーを華やかにしましょう!

モミの木に飾り付け

本物のモミの木を飾れば気分もアップします。いつもは庭で育てておいて、クリスマスの時期にだけ移動させて室内に飾るなんて方法でもいいですね。モミの木の代わりにゴールドクレストという針葉樹を使ったりもします。植物は育てるのが大変だな、という人はイミテーションの組み立て式ツリーでも十分にクリスマスツリーとして素敵な飾りつけができます。

↓こちらの記事も合わせてどうぞ
  クリスマスツリーのオーナメント7選

クリスマスリース

クリスマスリースは購入してもいいですが、自分で気軽にハンドメイドして楽しめるので時間に余裕がある人は自作してみるのもいいですね。

リースの土台

リースイメージはリースの土台になっている素材で随分と表情が違ってきます。

・ツル
ツルを使って作られたリースは細身でシンプルな印象です。とはいえツルが見えないほど飾り付ければそれなりにボリュームのあるリースにすることもできます。ツルを生かして下の方にだけにアレンジがしてあるデザインのものがおしゃれです。

・松ぼっくり
松ぼっくりを繋げて作られたリースは落ちついた印象のリースです。グルーガンを使うと簡単に接着できるのでハンドメイドして楽しみたい人はお試しください。ハンドメイドするときは松ぼっくりだけでは寂しいので他の木の実を貼り付けたり、松ぼっくりに着色をして使うと華やかな雰囲気になります。

・オアシス
オアシスを使って作られたリースは主に生花を使って作られているものがほとんどなのでパーティー当日に使うか次の日くらいまでが花が一番きれいな状態で飾れます。ものによっては1週間程度は楽しめますが、温かい暖房の効いた室内では早く枯れてしまいます。長く飾りたい場合はプリザーブドフラワーを使ったクリスマスリースを購入すると良いでしょう。

リースを飾る場所

飾る場所は玄関扉や玄関を入ってすぐ壁や飾り棚、靴箱の上なんかでもいいですね。パーティーをするリビングの壁に飾ってもすてきです。リースを使ったアイデアとしては、テーブルの上に置いてリースの穴に太めのキャンドルを置くとおしゃれなクリスマスらしいキャンドルの飾りつけになります。

クリスマスフラッグ

クリスマスフラッグは100均でも取り扱っていますし、ハンドメイドで簡単に作ることもできます。フラッグを飾るとぐっとパーティー感が強まるので、お手軽に飾れるオーナメントとして人気が高いです。

三角フラッグ

フラッグと言えば三角フラッグではないでしょうか。三角に切った布をひもに貼り付けるだけでも十分に飾れるフラッグができます。ミシンが使えるなら、バイアステープに三角の布を挟んで縫っていけば見栄えよく仕上げてみてください。布は赤や緑、白を基本にするとクリスマスらしいフラッグになります。子供と一緒に作るなら紙を三角に切って紙テープに貼り付けるなど、紙を使ったフラッグにしてみるのも面白いです。

フェルトのフラッグ

フェルトのフラッグは切って糸を通すだけでいいのでハンドメイドには持って来いです。市販のものもフェルトのフラッグは可愛いものが多くおしゃれで温かみのあるクリスマスパーティーを演出できます。

クリスマスモチーフフラッグ

クリスマスのモチーフであるモミの木やステッキ、雪だるまや星、プレゼントを入れる長靴などを色紙で作りひもに貼り付けて作ったクリスマスモチーフのフラッグはクリスマスの雰囲気を高めてくれる可愛いフラッグです。

  関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です